• HOME
  • BLOG
  • DIY
  • *リビング壁紙diyで花柄に張り替えました*

*リビング壁紙diyで花柄に張り替えました*

リビングの壁紙の張り替えに挑戦しました!

リビングの壁紙を張り替える前にキッチンの壁紙を張り替えました。

こちらはシールタイプの壁紙を使用しましたが、思いのほか大変💦

凹凸のあるキッチンはシールタイプでは貼り直しが難しくシワになって悪戦苦闘しました(笑)

なのでリビングの壁紙は生ノリを使用したタイプで貼りましたが、大正解!今回はこちらのリビングの壁紙張り替えの様子を説明します。

リビングの壁紙の色は何にする?

リビングの壁紙は面積が多く、大きく印象が変わってしまうのでかなり悩みました。インスタでもどっちがいいか聞いてみたり(笑)

結局は最初から選んでいた壁紙に決めました!

3本買いました。

しっかりとした厚みも有ります。

こちらの水色に花柄のタイプに決めました。


 

壁紙張りセットはこちら

前回の壁紙張りで用意した物の他にローラーを追加で購入し、バケツとハケは100均の物を利用してます。今回はフリース(不織布)と言う素材の壁紙です。かなり厚みがありしっかりした印象です。楽天の壁紙屋本舗さんにて壁の高さや広さを入力すると何メートル必要か計算してくれるので計算して貰ったところ3ロール必要との事で3本購入しました。

壁際に置いてあった物を全てどかして作業開始です。

ノリを作っていきます。

ノリを溶いていきますが、私は先に粉を入れてしまい、ダマダマになりました…水にノリを振り入れながら溶かしていくといいと思います。のりはペンキでコロコロ伸ばしやすいです。

顔や服に飛んでくるので気をつけながら軽快に塗っていきます。生のりなのですぐに乾いてしまうこともなく慌てる必要もありません。アマゾンのノリのレビューでノリを混ぜてから一晩置いたら馴染んで塗りやすくなったというレビューもありました。私は試してませんがそのくらいで塗っても問題ない感じです。

1枚目貼り終わりました

しかし、私はここで重大な失敗をおかします。

何を思ったのか、ここで壁に貼るサイズでカットしてしまいました。動画にもある通りロールのまま伸ばして貼れば良かったんですが、枝の向きが逆な気がしてしまい、反対にしないといけないと思ったんです。

これは1本貼り終わってから間違いに気がつきました。左が失敗。右が正解です。よーく見ないとわからないんですが、左は枝が上むきで花が上を向いています。この絵は下から見上げた構図だったので枝は下向きで良かったんです。

1本貼り終えた後、全て剥がして貼り直しました。剥がせるノリを使用してて本当に良かったです。

濡らしたスポンジで余分なノリを拭き取ります。

一枚貼り終えるたびに濡らしたスポンジで余分なノリを拭き取ります。天井にも床にも飛んでるので一緒に拭き取りました。柄合わせはこのタイプは割と簡単に出来たのと、前回のシールタイプの壁紙と違ってノリなので貼ってからのずらしが簡単にできて、シールタイプより全然簡単に貼ることが出来ました。厚みもあるのでシワが出来にくいのも貼りやすかった要因かなと思います。

難関はスイッチやインターホンの部分。

ここは流石に夫にも手伝ってもらいながら作業を進めます。スイッチやコンセントはカバーが外せるので割と簡単に壁紙を抜くことができるのですが、インターホンやお風呂のスイッチが少しずつハサミでカットしながら角を作っての流れで一番時間がかかりました。

貼り出してから大体4時間ほどで終了しました。

コンセント周りに1時間はかかったかな?あと、最初の貼り間違いに1時間ほどかかり、実際にスムーズに行くよりはかなり時間がかかってしまったと思います。

完成です。

after

おしゃれなリビングになったと感動です。

大満足です♡

思ったより残ってしまいました。

玄関まで貼ってしまおうか、悩んでいますが、かなり疲れたので今回はこれで一旦終了とします!

最後まで読んでくれてありがとうごさいました。

少しでも参考になれば嬉しいです。

ブログランキング参加してます。よろしくお願い致します。
人気ブログランキング

 


 


 


 

関連記事