• HOME
  • BLOG
  • cat
  • 保護猫トライアル体験記|前編(シャムミックス)

保護猫トライアル体験記|前編(シャムミックス)

保護猫トライアルをしました!

初めてでわからないことも多くインスタのフォロワーさんに沢山教えていただき無事にトライアル終了して家族になることができそうです。

そこでトライアルの様子を記録しましたのでよかったらご覧ください。保護猫を受け入れるまでの様子はこちらで書いてます。まずはこちらをご覧ください。

保護猫トライアルスタート!

ボランティアさんより11時に伺いますと連絡をいただいたので、自宅で待機します。

時間通りにボランティアさんが保護猫ちゃんを連れて到着。保護猫ちゃんはご飯もしっかり食べ問題ないとの事で、1週間のトライアル開始です!(その後年末年始挟むために2週間へ変更)

初日からトイレもご飯も問題なく、メンタルの様子も問題なし!

先住猫との対面

一番の心配事の先住猫との対面です。我が家は20歳のロシアンブルーがいますので先住猫と馴染めなければうちの子にすることはできません。

ここが1番の心配でしたが、ボランティアさんがいるときには子猫はお腹を見せて先住猫はクンクン匂いを確認して、いい感じ!しかし、ボランティアさんが帰られてからは「シャーシャー」と怒り出して即隔離です。

それでも何度も匂いを嗅ぎに行っては確認していて、子猫は7匹と一緒にいたらしく全くビビることもなく、とにかくうまく馴染んでくれることを祈ります。

先住猫がいる場合はゲージに入れるか部屋を隔離して1週間ほど別に生活して先住猫に新しい猫の存在を覚えさせないといけないそうです。

息子の部屋にゲージとトイレとお水を用意してしばらくはここで隔離生活の始まりです。しかし、今まで賑やかに過ごしていたであろう子猫ちゃんも寂しいと思うので私も息子の部屋でリモートワークすることにしました。

保護猫トライアル2日目

1日に少しずつリビングに子猫を解放して慣れさせています。先住猫は子猫の同行を見張ってますが子猫は嬉しそうに探検。

子猫が先住猫に気がつき、近寄っていくと先住猫が「シャー」するので「シャー」されたら終了のルールを作って、徐々にリビングにいる時間を伸ばしていきます。

先住猫と子猫のご飯問題

トイレもご飯も問題ないですが、予想してなかったのが先住猫の置き餌を食べてしまうこと。仕方ないので先住猫の起き餌は撤去。

子猫はカリカリとパウチのウエットご飯を混ぜたものを「1日3回あげてください」と指示を受けているので先住猫も一緒に1日3回に変更してもらいました。

しかし、先住猫の食べるスピードが遅く子猫にご飯を横取りされてしまうのでご飯も部屋は隔離です。

部屋を隔離しているので子猫部屋でリモートワークを始めましたが子猫がとにかく元気で好奇心旺盛で仕事になりません。困った。

トライアル3日目

毎日ご飯もよく食べて、よく寝る、トイレもバッチリで少しずつリビングに入れる時間も増えてきました。

基本的には隔離生活ですが、リビングに先住猫がいるのもわかってるし1人では寂しいのかとにかくよく鳴いてます。困ったなと人が居るときは基本的にリビングにいれて、居ない時は隔離。

夜は先住猫と私が一緒に寝室へこもり、夫が子猫と息子部屋で一緒に寝るようになりました。これが正解だったようで先住猫が夜はゆっくりできて落ち着いてきました。よかった!

トライアル4日目

4日目になり、先住猫もちょっかいを出さなければ子猫の存在を認めてくれるようになりました。

リビングにいる時間もかなり長くなりましたが、相変わらずご飯問題は抱えたまま。解決策も見つからず先住猫は食が細く一気にご飯を食べることができないので何度もご飯をねだるようになり、その度に子猫を隔離して「にゃーにゃー」叫ばれる中、先住猫はご飯を食べるという状態。

人間のご飯も気になって仕方ないので人間はたったままご飯を食べるか隔離するかになり、先住猫との違いを感じて対策を練っています。

2匹の距離はどんどん近くなり、人がいればほとんどの時間をリビングで過ごせるようになってきました。

トライアル5日目

すっかりうちの子みたいな顔して、子猫はすっかり馴染んだように感じます。

先住猫もかなり心を許してくれている様子。夜は別々で寝ているのでそこで精神的に安定しているように感じます。子猫は誰かいれば鳴かないのでかなり楽。

先住猫から近づく場面も出てきました。

でも、まだまだ距離はあるし、子猫がちょっかいを出すと「シャー」と怒っていますが、絶対に手を出すことはないので、上下関係を教えてるのかな?と私も余裕を持って見ていられるようになりました。

でも子猫は遊んでほしくていつも後を追いかけてます。

トライアル6日

あっという間に6日目を迎えて様子を見ていれば一緒にご飯を食べることもできるようになりました。

ただ子猫の食欲がすごくて、食べ終わったら先住猫のご飯を盗み食いに行くので途中からは部屋を分けてます。食事を用意してる間も全く待つことができなくてキッチンに登ってきて盗み食い。食事問題は深刻です(笑)

この頃には部屋に隔離する時間はほとんどなくなりました。人間の食事も邪魔するので食事の時間や調理の時間は危ないので隔離していますが、それ以外はほぼ一緒に過ごしています。たまに先住猫に「シャー」されてしまいますが、それでも近くにいきたい甘えんぼさんで見てて本当に癒されます。

長くなってしまいましたので今回はここまで。後半は譲渡までの様子を投稿します。

最後まで読んでくれてありがとうございました。ブログランキング参加してます。よろしくお願い致します。


人気ブログランキング



美容業25年コロナがきっかけでwebライターに転身。 猫と花に囲まれて執筆してます♡案件募集中

プロフィール

関連記事